アパレルブランドを立ち上げたい人へ〜立ち上げ準備完了〜

こんにちは

前回と前々回の記事はいかがでしたでしょうか。

前回と前々回は始めたばかりで、至らない部分が多いと思いますので、誤字脱字やよくわからなかった部分があったらコメントかTwitterのリプで教えてください。

修正してより良い記事を書いていきたいです。

そして、ファッションに対する悩みなども教えてほしいです。

僕なりに解決していきます。

ではでは、

あ、、、その前に

前編と中編と記事を書いてきましたが、前編と中編をまだ見ていない方はそちらをチェックしていただいてからこの記事をチェックしてくださいね。

記事のリンク貼っときますね。

【前編】アパレルブランドを立ち上げたい人へ〜すぐにアパレルブランドを始めることができます〜

http://ttakashiii.com/%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%92%e7%ab%8b%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%81%9f%e3%81%84%e4%ba%ba%e3%81%b8%e3%80%90%e3%81%99%e3%81%90%e3%81%ab%e3%82%a2/

 

【中編】アパレルブランドを立ち上げたい人へ〜ここからが本番〜

アパレルブランドを立ち上げたい人へ〜ここからが本番〜
こんにちは前回の記事はいかがでしたでしょうか。前回の記事は2つ目の記事ということで至らない部分が多いと思いますので、誤字脱字やよくわからなかった部分があったらコメントかTwitterのリプで教えてください。...

では、その7〜その9まで紹介します。

ブランドを立ち上げるまでにはたくさんやることがあります。

しっかり準備していきましょう。

この手順は僕が、実際に準備して必要なことをまとめたものです。

販売する場所を決める

では、紹介します。

最初にブランドを立ち上げる時に販売する媒体を決めます。

例えば、店舗で販売するかそれともECサイトで販売するか通常2パターンが主流です。

最初は、無料で販売できるECサイトで販売しましょう。

無料で作れるECサイトはたくさんありますが、特にオススメなのがBASE。

YouTubeを観ている人なら一度は広告として目にしたことがあるサイトです。

BASE公式HPから引用

BASEは簡単にサイトを構築することができ、初期費用もかからないですし、運営するだけなら、費用は全くかからないのがポイント

一部機能は有料なものもあるので、必要なタイミングで考えればいいと思います。

商品の写真を撮る

次に、商品の写真を撮りましょう。

商品の写真の撮り方のことは、背景を白にして撮影します。

理由は、商品がわかりやすくするために白背景で撮影することをオススメします。

白背景にTシャツを置いて撮ることでアイテムのデザインがしっかり映るのでOKですが、人に着用してもらって写真を撮ることでTシャツのシルエットがわかるので、人物撮影一番ベストです。

ブランドの宣伝をする

アパレルブランドを立ち上げる時にもっとも大事となるのが宣伝です。

宣伝次第では、ブランドの収益がものすごく莫大になります。

ただ、宣伝はお金が莫大にかかるので、どうしたら、コスト削減をして宣伝ができるかが重要となってきます。

例えば、ブランドを立ち上げる人自身がインフルエンサーとなることで、宣伝費をゼロにして宣伝が可能できるケースがあります。このケースはチートなので、できる人はどんどん宣伝しちゃいましょう。

宣伝する方法として、SNSが主流ですが、SNSはいっぱいあります。

SNSの媒体をしっかり選んで、上手く宣伝することができれば、宣伝を最小限にして、宣伝できますので、SNSで広告を出す場合は、計画的に選定しましょう。

まとめ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

アパレルブランドを立ち上げたい人に向けたラスト記事となります。

今回は0からブランドを立ち上げる時に準備が必要なことをまとめてみました。

ざっくり説明しましたが、まだまだ、やることはたくさんあります。

例えば、ブランドの生地選びなどインフルエンサーを起用して宣伝する場合、どのインフルエンサーに依頼するれば効果が出るのかなど、調査することがたくさんあります。

ビジネスを起こすことはそう簡単ではないです。

僕もブランドを運営をしていきたいですが、運営するほど何か実践はしていないので、こうしてブログを通じてこのブログの良さなどを知っていただけると嬉しいです。

これから、パレルブランドを立ち上げたい人に向けたや最近トレンドとなっているブランドがどうして人気になっているかなど、僕なりに調査していきたいと思いますので、このブログを今後もチェックしていただけると嬉しいです。

今回の目次も載せとおきますので、チェックしてください。

今後も、よろしくお願いいたします。

では、次の記事で

タイトルとURLをコピーしました